大会トピックス

2016年度競技者登録についての追加案内 Ver.2

2016年度競技者登録について、皆様からのご質問等がある点を以下に記載させていただきます。
お手数をおかけしますが、ご確認いただき登録をお願い致します。当初のご案内から必要なものを抜粋の上、新たな事項を追加しております。
以前の追加ご案内は以下のURLとなります。
http://www.masters-swim.or.jp/topics.php#52
WEB手続きではコンビニエンスストア支払いよりクレジットカード決済が早く完了します

WEB手続きでコンビニエンス支払を選択された場合は、圧着ハガキの支払請求書が届くまで、2~4営業日かかります。入金を確認できてから登録確認書の発送まで2営業日必要です。
お急ぎの場合はクレジットカードによる決済をお勧めいたします。
書面によるお手続では協会で申請書を受領してから最短でも1週間必要です

書面によるお手続の場合は、上記WEBによるコンビニエンスストア支払いに要する日数に当協会が処理する時間が付加されますのでご了承ください。
登録者カードは4月以降の送付となります

2016年度の登録案内で誤解を招く表現となっておりました。
登録者カードは4月以降に発送をさせていただく予定です。具体的なスケジュールは改めてHPでお知らせいたします。

Japan Mastrs Sprint 2015 2日目Vol.2

日本記録 おめでとう!

大会2日間を通して 24個の日本新記録が誕生!
最終種目100m平泳ぎには本大会会長髙橋繁浩氏が出場し、見事日本新記録を樹立いたしました。

たくさんの皆様のご参加、ご声援、まことにありがとうございました。
男子25m自由形 55区分 バーンズくん(大崎楽泳会) 11.64
女子25m自由形 50区分 板垣敏子さん(DSC南柏) 13.48
女子25m自由形 18区分 栃原愛弓さん(トライアンフ) 11.91
女子25mバタフライ 18区分 栃原愛弓さん(トライアンフ)12.76 山崎美里さん(CERISE)12.71 藤田湖奈さん(ルネサンス)12.89
男子100m背泳ぎ 50区分 谷川正志くん(セ・越谷) 1:02.15
男子100m背泳ぎ 40区分 都筑功くん(花鳥水月) 57.89
男子100m平泳ぎ 50区分 髙橋繁浩(グランバレー) 1:09.26 !弊協会会長!

Japan Mastrs Sprint 2015 2日目Vol.1

ジャパンマスターズ スプリント 2015が開催されました。
会場の千葉国際総合水泳場は好天に恵まれました。

本日は日本新記録17個が誕生しました。おめでとうございます。
世界記録は本年最後の主催大会ということで難しいところがあったのかもしれませんが、残念ながら突破は見られませんでした。

これで2015年の協会主催大会はすべて終了しました。
来年も多くの皆様のご参加をお待ちしております。
ミズノプレゼンツ デモンストレーションスイミング

2日目の特別協賛ミズノ株式会社プレゼンツ デモンストレーションスイミングは田中雅美さんと塩浦慎理選手。飛び込みのレクチャー後にはアッププールで飛び込み練習を行う選手が出てきて(もちろん危険行為なので禁止です)止めるのに苦労するほどの注目度でした。
日本記録 おめでとう!

志手直子さん(セ・前橋) 女子50m背泳ぎ 55区分 34.87 女子100m背泳ぎ 55区分 1:16.36
男子50m背泳ぎ 65区分 平本武男くん(市川AC) 31.95
渋谷浩志くん(アカデミ新城) 男子50m背泳ぎ 55区分 29.27 男子100m背泳ぎ 55区分 1:05.89 
女子4×25mフリーリレー 119区分 CERISE 49.60
女子4×25mフリーリレー 119区分 CMC-SC 50.96
男子4×25mフリーリレー 120区分 ザ・スター 41.76

Japan Mastrs Sprint 2015 1日目

ジャパンマスターズ スプリント 2015が開催されました。
会場の千葉国際総合水泳場は好天に恵まれました。

本日は日本新記録7個が誕生しました。おめでとうございます。
ご兄弟の新記録樹立など、楽しいトピックスが生まれました。
また特別協賛のミズノ株式会社プレゼンツ デモンストレーションスイミングでは名選手たちのオリジナルドリルの紹介などが行われ、真剣に参考にする姿がたくさん見られました。
ミズノプレゼンツ デモンストレーションスイミング

本大会の特別協賛ミズノ株式会社によるデモンストレーションスイミングには、上田春香さん・中村礼子さん・加藤ゆかさんが登場。
愉快なトークでオリジナルのドリルを披露してくれ、アッププールでは皆さんが早速応用していました。
日本記録 おめでとう!

男子50m自由形 25区分 石井諒くん(CERISE) 22.30 女子50m自由形18区分 栃原愛弓さん(トライアンフ) 26.06
男子25m背泳ぎ 55区分 渋谷浩志くん(アカデミ新城) 13.74
女子25m背泳ぎ 55区分 志手直子さん(セ・前橋) 16.52
男子25m背泳ぎ 25区分 福井友弥くん(ザ・スター) 11.91  同 30区分 福井淳一くん(ザ・スター) 12.20 ご兄弟です!!
女子25m平泳ぎ 55区分 松井節子さん(スイム野洲) 17.41

2016年度競技者登録についての追加案内

2016年度競技者登録について、皆様からのご質問等がある点を以下に記載させていただきます。
お手数をおかけしますが、ご確認いただき登録をお願い致します。
最近登録したメンバーが更新リストに記載されていない

今回のリストは9月30日現在の登録者で作成しています。
年度競技者登録会員で更新の方は、2016年度の新規登録で申請をお願いします。
100歳登録の方は早急にご案内を送付させていただきますので、今しばらくお待ちください。WEB更新は可能です。
最近登録したチームだが案内が届いていない

9月30日までに登録があるチームから順次送付しております。10月の新規登録チームには、追って送付されますので、今しばらくお待ちいただけますようお願いいたします。
それ以外のチームの場合は協会までご連絡ください。
競技者登録をしていないチーム責任者が競技者更新リストに載っている

他のチームで競技者登録をされている方がそれ以外のチームで責任者をされている場合には更新リストにお名前が記載されています。
どのチームでも競技者として更新することができますので、競技者登録をしないチームでは、チェックを入れなければ問題ありません。
競技者登録をするチームのリストのみ、チェックを付けて申請してください。
WEBでのチーム責任者画面について

各個人のIDでログインすると、チーム責任者の方はチーム全員の登録状況が確認できる画面が表示されます。チームメンバー全員の登録処理が可能です。責任者用に別のIDが存在するものではありません。
各メンバーはご自身の登録状況だけが画面に表示されます。
初回ログイン時の注意事項

必ず、各チーム責任者に送付している個人ごとの「新ID」と「仮パスワード」でログインしてください。
初めてログインされた方はメールアドレスの登録とパスワードの変更後に送信されるメールに記載のURLをクリックし、ログイン画面が表示されることを確認してください。
メールに記載のURLをクリックしないと先に進むことができません。
新しいメンバーを追加したい(競技者登録が初めての方)

チーム責任者が、2015年度に登録がなかった方をメンバーとして追加する場合は、先に「新規ユーザー登録」で追加したい方のユーザー登録を行ってください。
2015年度に他のチームに所属していた人を追加したい(更新時の移籍)

該当メンバーのIDと氏名もしくは生年月日で検索すると、自チームのリストに登録することができます。その場合は、必ずご本人からIDを確認し承諾のうえで登録してください。ただし、他のチームですでに2016年度の登録が完了している場合は(他チーム)という表示が出て、競技者登録をすることはできません。

KAZAN から世界マスターズのトピックスが届きました

金メダル3つを獲得した世界水泳の興奮が冷めないロシア・カザンでは10日より世界マスターズ水泳が開催されています。
日本からは70名程が出場し、国際大会を楽しんでいるようです。
現地はだいぶ日本とは違い涼しいようですが、参加者の熱い報告がありましたのでお知らせいたします。
第16回世界マスターズ水泳選手権大会が行われているロシア・カザンのプール
髙橋繁浩会長 日本新で金メダル獲得!

11日には協会会長の髙橋繁浩が男子100m平泳ぎ50区分に出場。
1:09.85 の日本新記録で金メダルを獲得しました。
中央で喜ぶ髙橋会長
世界マスターズ水泳のリザルトは以下URLから
http://masterskazan2015.microplustiming.com/swimming/index_web.php

Japan Masters 2015 5日目(7月20日)Part.2

日本記録 おめでとう!

男子50mバタフライ50区分 坂大平くん 27.11 水王
男子50mバタフライ25区分 石井諒くん 24.01 CERISE
ならびに 男子50mバタフライ25区分 佐藤久佳くん 24.46 JSB
男子200m個人メドレー50区分 坂大平くん 2:20.60 水王

Japan Masters 2015 5日目(7月20日)

世界記録突破! おめでとう!

辰巳は梅雨明けの快晴の中、昨日に続き世界記録が突破されました。

女子50mバタフライ25区分 加藤ゆかさん(JSB) 27.28 
加藤選手のように若い選手にもっともっと頑張ってもらえるとうれしいですね!

男子50mバタフライでも世界記録突破!
40区分 野村英司くん(ノむらSS) 25.06

お二人とも素晴らしい記録で泳いでいただきました!
50mバタフライで 見事 世界記録を突破したお二人
女子50mバタフライ25区分 加藤ゆかさん 27.28 JSB
男子50mバタフライ40区分 野村英司くん 25.06 ノムラSS
日本記録 おめでとう!

女子200m背泳ぎ85区分 大岡喜美子さん 4:48.21 KTV豊中
男子200m背泳ぎ55区分 渋谷浩志くん 2:39.84 アカデミー新城
男子200m背泳ぎ50区分 谷川正志くん 2:27.87 セントラル越谷
女子50mバタフライ65区分 小林すみ子さん 35.63 DREAM
女子50mバタフライ35区分 月岡麻美さん 28.63 両国きんぎょ

Japan Masters 2015 4日目(7月19日)Part.3

日本新記録 おめでとう!

女子200mバタフライ75区分 月野ハルさん 4:29.26 ウィズ
女子200mバタフライ18区分 藤田湖奈さん 2:14.26 ルネサンス両国
男子200mバタフライ45区分 伊部敏行くん 2:13.45 ISCオルカ
男子200mバタフライ65区分 平本武男くん 2:52.57 市川AC

Japan Masters 2015 4日目(7月19日)Part.2

日本新記録 おめでとう!

男子50m自由形95区分 田村秀一くん 48.66 Tilia
男子50m自由形40区分 都筑功くん 24.20 花鳥水月
女子50m自由形18区分 栃原愛弓さん 26.76 トライアンフ
女子4×50mフリーリレー160区分東京SC 1:56.56
女子4×50mフリーリレー119以下区分 CERISE 1:49.78
男子4×50mフリーリレー200区分 大崎楽泳会 1:43.93
男子4×50mフリーリレー160区分 ムラサキSP 1:41.31
女子200mバタフライ75区分 小林弘子さん 4:40.28 ライブ将監

Japan Masters 2015 4日目(7月19日)

大会4日目 今日は最大参加種目50m自由形が行われます!

辰巳は台風一過の快晴です。参加者は朝からハイテンションのようです。
でも、張り切りすぎないで頑張ってください。

今日は朝からすばらしい世界記録の突破が見られました。
うれしい 世界記録突破! おめでとう!

今大会で初めての世界記録突破がでました!おめでとう!!

同じチームから 2名の突破! なんと素晴らしい!

50m自由形ではなんと55区分で世界記録が
BIG-Sサンウェイ横浜 米沢祥子さん 仲丸徹雄くん
女子100m平泳ぎ80区分 米沢祥子さん 1:48.76 BIG-Sサンウェイ横浜
男子100m平泳ぎ80区分 仲丸徹雄くん 1:37.35 BIG-Sサンウェイ横浜
男子50mバタフライ55区分 バーンズBくん 24.45 大崎楽泳会
日本新記録 おめでとう!

女子100m平泳ぎ85区分 木村悦子さん 2:21.10 JSS出雲
男子100m自由形65区分 藤井利晴くん 1:20.58 富山パレス
男子100m平泳ぎ50区分 髙橋繁浩くん 1:10.21 グランバレー

Japan Masters 2015 3日目(7月18日)Part.2

日本新記録 おめでとう!

女子50m背泳ぎ18区分 栃原愛弓さん 30.68 トライアンフ
男子4×50mメドレーリレー119区分 ザ・スター 1:44.67
男子4×50mメドレーリレー119区分 CERISE 1:44.67
女子50m平泳ぎ80区分 米沢祥子さん 49.80 BIG-Sサンウェイ横浜

Japan Masters 2015 3日目(7月18日)

大会3日目 観覧席は参加者。応援者で熱気にあふれています!

18日 大会3日目の東京辰巳国際水泳場は、50m種目があることからとてもたくさんの来場をいただきました。
会場は声援が飛び交い、これぞ ジャパンマスターズ という雰囲気になっています。

参加選手の皆さん。無理をしないで 頑張ってください。
また本日は、30回出場・20回出場・10回連続出場の方の表彰が行われました。今年は全部で107名の方が髙橋繁浩会長より表彰を受けられました。
長く泳ぎ続けられるということは、本当に素晴らしいことだと実感します。また、ご夫婦と見受けられる方も一緒に受賞されるなど、『水泳』の素晴らしさを再認識できる場面がたくさんありました。
髙橋繁浩会長 日本新記録樹立!

髙橋会長が大会3日目に登場。今年も見せてくれました!
いつもプレゼンターをしている髙橋会長の受賞の笑顔を見てください。
男子50m平泳ぎ50区分 髙橋繁浩くん 30.93 グランバレー
日本新記録 おめでとう!

男子100m自由形25区分 前田康輔くん 50.75 G-TRVS
女子50m背泳ぎ80区分 米沢祥子さん 48.83 BIG-Sサンウェイ横浜
男子50m背泳ぎ65区分 平本武男くん 33.75 市川AC
男子50m背泳ぎ55区分 デコセSくん 31.66大崎楽泳会 渋谷浩志くん 31.45アカデミー新城
男子50m背泳ぎ45区分 中原良仁くん 28.82 SIS
男子50m背泳ぎ18区分 高田恭平くん 26.60 アクシー亀田

Japan Masters 2015 2日目(7月17日)Part.2

日本新記録 おめでとう!

本日の大会も無事終了しました。
なんと日本新記録14個が樹立されました。

自己ベストを出された皆さんもおめでとうございます!
明日は天気も回復していくと思います。万全の体調にして頑張りましょう!
女子200m自由形85区分 堀居愛子さん 4:04.32 札幌AC
男子200m自由形70区分 藤巻智くん 2:41.54 T・風林火山
男子200m自由形45区分 岡田安弘くん 2:07.93 愛の戦士
男子200m自由形40区分 原英晃くん 1:59.07 ヴィンチトレ
女子200m平泳ぎ45区分 岡本敬子さん 2:54.27 柏洋スイマーズ
男子200m平泳ぎ75区分 新貝勝くん 3:23.56 城陽SS
男子200m平泳ぎ65区分 藤井利晴 2:58.34 富山パレス

Japan Masters 2015 2日目(7月17日)

大会2日目も熱戦が繰り広げられています

心配された雨も、スイマーの熱で吹き飛んだようです。風はありますが大会には影響ありません。
本日のレースは
100m背泳ぎ
100mバタフライ
混合200mフリーリレー
200m自由形
200m平泳ぎ     です!

頑張っていきましょう!!
本日の日本記録

女子100m背泳ぎ75区分 大崎喜子さん 1:38.52 ST関西
女子100m背泳ぎ55区分 志手直子さん 1:17.84 セントラル前橋
男子100m背泳ぎ55区分 渋谷浩志くん 1:09.91 アカデミー新城
男子100m背泳ぎ25区分 佐藤久佳くん 57.39 JSB
男子100mバタフライ40区分 野村英司くん 56.98 ノムラSC
男子100mバタフライ65区分 1:12.43

Japan Masters 2015 1日目(7月16日)

6,581名の大会がはじまりました!

Japan Masters 2015(第32回日本マスターズ水泳選手権大会)がいよいよ始まりました。今年の参加者は6,581名。多くのスイマーが東京辰巳国際水泳場に集合します。

今日は400m自由形のみのレースでしたが、第1組から現役最高齢スイマー長岡三重子さん(101歳)が出場し、会場は大きな歓声に包まれました。
台風の接近による荒天が心配されましたが、辰巳周辺は強い風は吹いたものの雨はそれほど降らず、競技は予定通り進行しました。

明日もまだ台風の影響が心配されますが、開催については問題はなさそうです。
最高齢スイマーの長岡さんにはメディアも注目です。
日本新記録 2個樹立

今日行われた400m自由形では、早くも2個の日本新記録が樹立。
台風に負けない力泳が展開されました。
今回の大会では日本記録表彰所を設置。記録を樹立したらすぐにプールサイドで表彰が受けられます。たくさんの表彰ができることを期待しています!

日本新記録樹立者
堀居愛子さん 85歳区分 8:35.33 札幌AC 
藤田湖奈さん 18歳区分 4:30.48 ルネサンス両国
日本新記録を樹立し表彰を受ける藤田さん
折返監察員もしっかりとした確認を行っています。
A側招集所よりプール。次のレースの選手はドキドキです。

Japan Masters 2015 ご案内

いよいよ開催 選手の皆さん 体調は万全ですか?

ジャパンマスターズ2015 いよいよ開催。

予定通り競技は開始しました。交通機関に乱れがあるようですので、十分余裕をもってお気をつけて、お越しください。(11:00)

まだまだ天気が気になるところですね。室内は競技が行えても辰巳水泳場までの道のりが安全ではないことも考えられます。十分気を付けてご来場ください。万一、競技開始時間等に変更があった場合は、この場所にてお知らせしますので確認してください。
ちなみに、JR京葉線は風に弱く運転を見合わせた場合も、地下鉄有楽町線でのアクセスが可能なことがありますので、運行状況をチェックすると良いですよ。


選手の皆さん、準備はもう万端ですか?
昨年までと異なるところ、特に注意していただきたいところなどをお知らせしていきますので、しっかりと読んでくださいね。
練習してますか?! 無理していませんか?!

選手の皆さんは練習には怠りがないとは思いますが、とにかく注意するに越したことはありません。

●すでに調整期 過度な練習は疲労蓄積の元ですよ。
●まったく泳いでないのも困りもの 一発屋も若いうちです。
●酒は 燃料にはなりません カーボローディングなら正しく食べよう。
●睡眠愚 ではなく スイミング 睡眠不足は 一番の敵。

年に1度のジャパンマスターズ、まして久しぶりの辰巳だからと言って、無理は禁物です。気候の変化も激しい季節で体調も安定しない時期です。少しでも不調を感じたら、無理をしないでください。
競技中に事故となる大きな原因は睡眠不足。「長距離を車で移動し車中泊で競技に出場」なんてことは絶対にやめてください!
IDカードは入館時から常に必要です

東京辰巳国際水泳場への入館時から、館を出るまで、常にIDカードは見えるように携帯してください。IDカードの提示がない場合は、入館できません。
また、競技に出場する際には招集所での提示が必要です。
IDカードは出場選手全員分をチーム責任者へ送付していますので、必ず事前に受け取り常に携帯してください。
●顔写真を貼付
●自筆の署名をする
 ※この2つが無いと招集を受けられないので特に注意してください。

IDカードはレースに出るときに各レーンまで携帯し、スタート台の後ろに設置の脱衣カゴに置いて泳ぎます。泳ぎ終わったら忘れずに持ち帰りください。
50m種目の場合は、招集所でお預かりし「IDカード返却所(プールサイド大会看板裏)」に置いてありますので、忘れずにお持ち帰りください。

大事なものですので、忘れた場合、写真が無い場合などは再発行しますが、有料です。大切に携帯してください。
ジャパンマスターズの入賞は 8位まで メダルも!

ご存知ですか?ジャパンマスターズでは 8位までの入賞者にメダルが授与されます。せっかく入賞したのにメダルを受けないなんてもったいない。ぜひ、お忘れなく!
メダルは「メダル受渡所(2F受付隣)」でお渡しします。

■受け取り方法
①メダル受渡所の横に設置されている【メダル引換証発行機】で、IDカードのQRコードをかざして、「メダル引換証」を印刷します。
②メダル受渡所へ「メダル引換証」を提出し、メダルを受け取ります。
③「メダル引換証」に受領サインをし提出します。

■今年のメダルはこの4種類
※参加章はチーム受付で代表者に全員分をお渡しします。
レースの空き時間に参加してみては!!

自分のレースは 朝1本 夕方1本。そんな時に参加していただけるイベント・クリニックをご用意しました。空き時間にぜひ参加してください!

■マスターズスイマーのための安全クリニック
『知っていますか?ロコモティブシンドローム』~あなたの膝・腰は大丈夫?~
  日本水泳ドクター会議 元島清香先生によるスイマーのみならず、日常生活も含めた安全のためのクリニックです。
20日 11:00(1時間)

■arenaトークショー『スイマーズサミット2015』
  アテネオリンピック 金メダリストの柴田亜衣さんによる トークショー。抽選で素敵なプレゼントも当たる!
  提供:株式会社デサント
  18日19日共 13:00(30分)

■EPAによるパフォーマンス向上
  何かと話題のEPA。魚由来成分はスイマーに良い?! その効果を詳しく検証。
  提供:日本水産株式会社
  18日19日共 12:00・16:00
  20日     10:00・12:30 (各45分)


■ドライランドトレーニング
  マスターズスイマーに効果的なドライランドトレーニング(陸トレ)をご紹介。日常生活も身体が軽くなること間違いなし!
  トビウオジャパンのトレーナー陣が詳しく解説してくれます。
  提供:日本水泳トレーナー会議
  18日19日共 9:30・11:00・13:45・15:00(各45分)
水泳の日 第1部入場券を発売します

8月14日に開催される「水泳の日」はスイマー必見のイベントが盛りだくさん! 世界選手権代表選手やオリンピアンの実演やトークショーなどが多数開催されます。

いままでやってみたかったシンクロや水球、ダイビングなどの体験プログラムもあります。

ジャパンマスターズでは第1部(有名選手のエキシビション等)の入場券を販売します。現地での購入は1枚1,000円となっております。

水泳の日のHPは以下URLから確認してください!
http://www.swimmingday.com/
その他の注意点

■前日練習日の設定はありません
例年実施しておりました前日練習日の設定はありません。7月15日に来館されても、ご利用はできませんのでご注意ください。

故大崎名誉会長 お別れの会 がしめやかに行われました。

4月28日に逝去された、当協会名誉会長大崎剛彦氏とのお別れ会が、6月29日に東京・飯田橋のホテルで執り行われました。
会場には多くの水泳関係者、マスターズスイマーの皆様にご参列いただき、在りし日のご活躍を振り返り、今後のマスターズ水泳の更なる発展を誓い、ご冥福をお祈りいたしました。

多くの皆様のご参列をいただき、本当にありがとうございました。

今後のマスターズ水泳の諸活動に、協会スタッフ一同、故人の遺志を大切にして邁進してまいりますので、変わらぬご厚情をお願い申し上げます。

短水路大会 熱海会場トピックス

熱海らしさ満載!過去最多の参加者となった熱海会場

短水路大会の最後を飾る熱海会場が、5月30日(土)~31日(日)2日間にわたりマリンスパあたみで開催されました。
今年は過去最多となる1,167名が参加し、世界記録突破が2個、日本新記録樹立が3個と大変な盛り上がりをみせました。世界記録突破者には、熱海市観光協会より【夏の花火大会でのメッセージ付花火の打ち上げ】【干物の詰合せ】などの豪華な副賞も贈呈され、“熱海らしさ”満載の大会となりました。
毎年旅行気分で参加される方も多い熱海会場。来年も皆様のご参加をお待ちしています。
世界記録突破は以下のとおり。
混合4×50mメドレーリレー BIG横浜チーム 320歳区分
 記録 3:05.13 (従来の記録 3:12.68)
女子100m平泳ぎ 米沢祥子さん(BIG横浜)80歳区分
 記録 1:48.50 (従来の記録 1:50.76)
世界記録突破のBIG横浜チーム(左から、米沢祥子さん・仲丸徹雄さん・松林繁明さん・鴨下美江子さん)
米沢祥子さん(BIG横浜)はリレー種目とダブルで世界記録突破
会場の外では浜焼きなど熱海ならではの食べ物が販売されている
今年は近隣の熱海第二小学校のプールをアッププールとして終日開放

短水路大会 前橋会場トピックス

主管:ダッシュ前橋スイミングクラブ より

5月24日(日)ダッシュ前橋スイミングクラブにて、全国から116チーム530名の参加者を迎え、熱戦が繰り広げられました。
当会場では25m種目においても、全ての出場者の名前コールが行われます。これは、他会場では見られない事だと、毎年参加者の方々より好評を頂いております。また、今回からオーバー・ザ・トップ方式を取り入れ、競技の合間に2度休憩を設ける事で、ゆとりある進行が実現致しました。

短水路大会 金沢会場トピックス

北陸新幹線が開通し、東京から2時間半で金沢へ来られるようになりました。参加者は昨年より64人の増加でしたが、2017年には素晴らしいプールができるのでもっともっと多くの参加者になることでしょう。石川県水泳協会の役員が前日の夜から、大会当日も早朝より参加者をお出迎えする準備をされ、晴天の金沢市営総合プール。今では珍しいコンクリートの、立ち上がりの高いプールで熱戦が繰り広げられました。結果は 野口拓子さん(YOUTH)が50歳区分、50m背泳ぎで32秒63 の日本記録1個を樹立されました。
おそらく日本でもここだけではないかと思われる紐式シャワー。
野口拓子さん(YOUTH)50m背泳ぎ50歳区分、32秒63 の日本新記録を樹立

短水路大会 江戸川会場トピックス

平本武男さん(市川AC)今年8個目の日本新記録樹立!

平本武男さん(市川AC:65~69歳区分)
25m背泳ぎ 14.87(従来の記録 15.40)
50m背泳ぎ 32.23(従来の記録 33.41)
江戸川会場のこの2個の日本新記録で、今年合計8個目の日本新記録を樹立しました。
福井友弥さん(ザ・スター)初めての日本新記録樹立!

福井友弥さん(ザ・スター:25~29歳区分)
25m背泳ぎ 11.87(従来の記録 11.96)
2歳から水泳を始め、日本選手権では決勝に残る実力で22歳まで活躍。
その後6年間のブランクの後昨年28歳でマスターズデビューし、個人種目では初めての日本新記録樹立となりました。

短水路大会 さいたま会場トピックス

主管:アテナ アクアメイツ より

今年も700名を超える選手の方の参加がありました。手狭な会場ですがテントを張り、スクールバスを利用して控え場所に利用していただきました。昼休みには恒例のアテナシンクロチームによるエキシビジョンを行いました。来年もエキシビジョンを行う予定です。
皆さんの参加をお待ちしております。
テント・スクールバスを利用した控え場所
アテナシンクロチームによるエキシビジョン

短水路大会 福岡会場トピックス

主管:日本スイミングクラブ協会九州支部 より

5月10日(日)福岡市立総合西市民プールにて184チーム・1307名のマスターズ水泳愛好者が集い盛大に開催されました。
福岡会場では世界記録突破1種目、日本新記録が4種目、日本タイ記録1種目が樹立されました。
福岡会場での世界記録突破は久しぶりだったため、会場は大いに盛り上がりました。
来年もまた大勢の選手の皆様のご参加をお待ちしております。
女子100m背泳ぎ(25~29歳)で世界記録を突破された 大賀友理江選手(おおがSS)記録:1分00秒63

短水路大会 盛岡会場トピックス

主管:岩手マスターズ水泳協会 より

5月10日(日)岩手の盛岡市立総合プールに全国から、504名のマスターズスイマーが参加し熱戦が繰り広げられました。
日本新記録4、盛岡会場大会記録134、タイ記録1と素晴らしい結果で無事終えることができました。参加くださいました選手の皆さま本当にありがとうございました。
プールのロビーではスポーツ用品等の販売、屋外では屋台村が地元の美味しい食べ物を用意して大会を大いに盛り上げていただきました。
坂 太平さん(水王)男子50~54歳 50m平泳ぎ;日本新記録、100mバタフライ;日本新記録
左:吉田 範子さん(協栄SC座間)200m背泳ぎ;日本新記録、右:小林 弘子さん(ライブ将監)200mバタフライ;日本新記録
市内の高校生も補助役員として大勢協力していただきました。

短水路大会 広島会場トピックス

主管:ヒロシマスイミングクラブ より

松山会場で男子50-54歳区分100m背泳ぎで世界記録を突破した前峠浩義さん(テキスイ)は、地元広島でも期待されましたが連発ならず、50m背泳ぎとのW日本新記録樹立となりました。
写真は、女子90-94歳区分25m平泳ぎで日本新記録38秒62を樹立された保岡田鶴子さん(五日市SS)です。
おめでとうございます。

短水路大会 安城会場トピックス

4年ぶりの復活開催となった愛知(安城)会場

会場は、3日前に隣の三重(鈴鹿)が開催されたばかりの影響もあり、769名の参加者はゆったりした控え場所で出番を待ってみえました。参加者は少なかったのですが、懸念であった女性の参加率が従来より4%アップしたことは収穫でもありました。
100m平泳ぎでは、小林 良さん(フロンティア)が、1分00秒59で30歳区分の世界記録突破を果たしました。プレゼンターは、メキシコシティオリンピック日本代表の窪田美和子さん(旧姓 小林)に務めていただきました。
今年は競技を7レーンで行い、1レーンを空け、第9レーンを終日ウォーミングアップが出来るようにしたことも参加者からは好評でありました。
左:プレゼンターを務めた窪田美和子さん(旧姓 小林)、右:世界記録突破の小林良さん(フロンティア)

短水路大会 三重会場トピックス

三重会場で日本新7個樹立!

主管:(一社)三重県水泳連盟 より
4月26日(日)三重交通G スポーツの杜 鈴鹿 水泳場にて274チーム、1,064名の参加で開催され、日本記録が7種目誕生しました。
なかでも日本マスターズ協会 会長 髙橋 繁浩選手も100m平泳ぎで日本新記録を樹立され大いに盛り上がる大会となりました。
『記録の出やすい』と好評のプールです。来年もたくさんの参加をお待ちしています。


マスターズ水泳協会派遣委員より
4月26日(日)、三重交通Gスポーツの杜 鈴鹿 水泳場で開催された三重会場で、日本新記録が7個樹立されました。
その中で、本協会会長の高橋会長が男子100m平泳ぎに出場し、1分09秒29の50歳グループの日本新記録を樹立しました。

本プールは選手の皆さんにとっても泳ぎやすいプールと大人気!
是非、来年は鈴鹿にお越しください!
泳ぎやすいと大人気の三重交通Gスポーツの杜水泳場
当協会会長 髙橋繁浩も100m平泳ぎで日本新記録樹立

短水路大会 尼崎会場で女子400m自由形75歳区分で世界記録突破!

女子400m自由形75才区分でうれしい世界記録突破!

4月19日、尼崎スポーツの森で開催された尼崎会場で、大崎 喜子さん(ST関西)が、400m自由形の75歳区分で、6分8秒47の世界記録を突破いたしました。大崎選手の第1声は、「うれしい!! 自分でも考えられない!」
何度計算しても切れないタイムだったけれど、
シュミレーション通りの見事なレース運びで世界記録突破。ちなみに、この種目は5年ぶりの出場とのこと。
大崎 喜子さん(ST関西)
混合4×200mリレー280才区分では日本記録を大きく短縮!

世界記録突破にはならなかったが、4×200m混合フリーリレー(280~319歳区分)で従来の日本記録をなんと1分51秒縮める記録を樹立したのは、Sパティオチーム。チーム初の混合280歳区分を結成!初のチャレンジで日本新記録達成は
みんなの力を合わせた結果と喜びを隠せない。次は世界記録に挑戦と息は荒い。
Sパティオチーム

短水路大会 仙台会場トピックス

主管:(株)ライブスポーツ より

広々とした会場でのびのび泳げるのが自慢の仙台会場です。
スタート・ターン側両面にタッチ板付きなので背泳ぎの方も滑らずにスタートできます。スタート台もバックプレート付きです。
今回は日本新記録が4つ誕生しました!
高橋正繁さん(今泉爆泳会)男子100m自由形 30歳区分
佐藤佳子さん(ウィン福島)女子25m自由形 80歳区分
庄司有太さん(ブルーピース)男子25m背泳ぎ・100m個人メドレー 30歳区分
皆様も是非 環境の良いプールで良い記録を作りに来てください!
女子25m自由形80歳区分で日本新記録樹立の佐藤佳子さん。80歳には見えません。

短水路大会 習志野会場トピックス

主管:(一社)千葉県水泳連盟 より

毎年、春の短水路シリーズ中、最も参加者の多い千葉会場ですが今回は少し減少となりました。それでも2,680名のスイマーが熱戦を繰り広げ、2日間に渡り会場は盛り上がりました。世界記録突破は個人で3名。日本新記録は個人で19個、リレーで6個誕生!
世界記録突破 左:バーンズBさん(大崎楽泳会:+55区分50Fr:24”51)、右:石井 諒さん(CERISE:+25区分:50FLy:23”38)
世界記録突破 志手 直子さん(セ・前橋:+55区分200Ba:2’38”50)

短水路大会 長野会場トピックス《新生長野会場 女子100m背泳ぎ75才区分 女子100m平泳ぎ70才区分で世界記録突破!》

マスターズ水泳協会派遣委員より

初めての会場となる、長野運動公園総合市民プール「アクアウイング」は今から17年前の1988年に開催された長野冬季オリンピックで、アイスホッケーの会場でした。会場内にはオリンピックマークが残っており、それをバックに記念写真を撮る選手が多くみられました。今回より長野県水泳連盟が初めて主管をするマスターズ水泳大会となりましたが、世界記録突破が2、日本新記録が9とたいへん盛り上がった大会となり、長野県水泳連盟の篠原理事長も感激をされていました。「次回からはもっともっと参加選手に喜んでいただける大会運営を目指します」と力強く話されていました。選手の方たちも「会場の雰囲気が素晴らしい」とか、「大変泳ぎやすいプールで気持ち良かった」など楽しそうに話されていました。
世界記録突破は以下の通り。
女子100m背泳ぎ75歳区分 大崎喜子さん(ST関西)
 記録 1:35.18 (従来の記録1:36.33)
女子100m平泳ぎ70歳区分 安田伸子さん(ST関西)
 記録 1:33.92 (従来の記録1:34.86)
写真前列左 大崎喜子さん 右 安田伸子さん 後列右 篠原理事長
長野駅インフォメーションモニター

短水路大会 佐伯会場トピックス

主管:大分県マスターズ水泳協会 より

毎回「楽しみにしてます」と言って出場してくださる皆さんは、お互いの健康を確認し、和気あいあいのムードで楽しんでいたようです。
都市で開催される大会とは違い、ゆったりとした雰囲気の中競技が進行していきます。お昼休みはエキシビジョンも!
今年は2種目の日本新記録が樹立され会場も盛り上がりました。
大分宮崎を結ぶ東九州自動車道が開通し、「観光グルメの旅」を満喫する方が増えています。是非お越しください。
混合4×25mフリーリレーで日本新記録の青葉台SCチーム(TOSテレビ大分:ゆ〜わくワイド&Newsより)
女子25mバタフライで日本新記録の嶋田美ツヱさん(TOSテレビ大分:ゆ〜わくワイド&Newsより)

短水路大会 深谷会場トピックス

主管:協栄スイミングクラブ深谷 より

埼玉深谷会場(深谷グリーンパーク アクアパラダイス パティオ)に北は北海道、南は兵庫県より多くのご参加を賜り心より御礼申し上げます。
深谷市は全国屈指の『花のまち』で知られております
生産量日本一であるネギ(深谷ねぎ)などを中心とした農業は全国でも指折りの農産地であります。野菜だけではなく花卉栽培も盛んであり、深谷市の花チューリップはオランダから直輸入するものを含めて約120種類が生産され出荷量全国2位、ユリは出荷量全国1位と、大会時期には桜が咲き、チューリップが皆様をお待ちしております。
来年も皆様のご参加を心よりお待ちしております。
会場風景
開会式挨拶 深谷市市長 小島 進様、埼玉県水泳連盟名誉会長・日本マスターズ水泳協会理事 笠原一也様、埼玉県水泳連盟副会長  船田 昭介様

短水路大会 松山会場トピックス

主管:愛媛県マスターズ水泳協会 より

毎年、日本マスターズ水泳短水路大会のスタートを飾る愛媛会場。今年は4月4日・5日の二日間にわたり開催し、おかげ様で年を追う毎に参加者も増えています。明るく、開放的なプールは「泳ぎやすい」と評判も良く、日本新記録、世界記録突破も続出しました。101歳を迎えた長岡三重子さんが1500mに再々チャレンジして世界初記録を樹立し、スイマーとして挑戦し続ける素晴らしさも教えて下さいました。ぜひ、皆様も愛媛会場にお越し下さい。
101歳のスーパーおばあちゃん長岡三重子選手。1500m泳いだ後も「まだまだ行ける!」と、溌剌としていました。
「愛媛会場の泳ぎやすい環境に感謝しています!」と言って下さった前峠浩義選手は世界記録を突破しました。

短水路 松山会場 3つ目の世界記録 前峠浩義くん男子100m背泳ぎ

松山会場 最後は男子で世界記録突破 前峠浩義くん(テキスイ)

松山会場では女子の世界記録突破が続きましたが、最終日の終了間際に男子100m背泳ぎ50歳区分で前峠浩義くん(テキスイ)が、男子の面目を保ってくれました。ゴールするまで突破できるかわかりませんでしたが、しっかりと記録を出してくるところはさすがです。この日はファミリーで活躍が目立った前峠選手でした。
おめでとうございます!
記録59.79 (従来の記録59.91)

女子4×100mメドレーリレーでも世界記録突破!両国きんぎょチーム‼︎

短水路大会初日2つ目の世界記録は 両国きんぎょチーム

松山会場が熱く盛り上がりました。1日目の競技終了間際には4×100mメドレーリレーで両国きんぎょチームが120歳区分で世界記録を突破!今までの世界記録を4秒あまりも短縮しました。あまりの好記録にもう少し刻めば良かったかもとの贅沢な声も聞こえてきました。
本当におめでとうございます!
記録 4:26.65 従来の記録 4:30.71
写真左から 畔柳さん 松田さん 月岡さん 岩下さん

ついに女子100歳区分 短水路1500m 日本記録樹立!

長岡三重子さん(KSG柳井)が3度目の挑戦で樹立しました

日本マスターズ水泳短水路大会 松山会場

3回目の挑戦でした。今まで2回とも途中で断念していた、短水路1500m自由形でやっと完泳。会場は大きな拍手に包まれました。
記録は1:15:54.39
長岡さんは今年101歳。昨年は2回挑戦したものの、途中で体調を考え無理をせずに棄権。悔しい結果でしたが、冷静に判断できるところが今日の結果に繋がったのだと思います。この種目は日本記録はもちろん世界にもまだ記録がありません。Finaで世界記録として認定されるのも楽しみです。

2015年度 競技役員・指導者講習会が終了しました!

2月1日東京会場、2月8日大阪会場、3月8日の名古屋会場にて、約300名の方にご参加をいただきました。今年の講習会はビデオ映像を使用し、競技役員のジャッジについて今まで以上に理解を深めていただけたと思います。

ゲスト講師は東京、大阪がシドニーオリンピック銀メダリスト中村真衣さん。名古屋がバルセロナオリンピック金メダリスト岩崎恭子さん。お二人とも参加者の皆さんにオリンピックメダルを直接触れていただきながら、当時の真情を吐露するように語っていただき、笑いあり、感動ありの素晴らしいお話を聞かせていただきました。

2015年のシーズンも、多くの皆さんの競技力向上とともに競技役員のご協力も期待しています!

それでは名古屋会場のレポートを中心にご報告します。
名古屋会場レポート

3月8日(日)競技役員・指導者講習会の名古屋会場は、愛知水泳連盟のご協力もあり、日本ガイシフォーラムで開催し、定員を超える87名が参加されました。
地神先生の障害予防と競技力向上では実技を交えた講義に大喜びの参加者。
午後からの講師は岩崎恭子さんの特別講演。「バルセロナオリンピックの代表選考会が行われた名古屋レインボープール(現、日本ガイシアリーナ)は、オリンピックで見事金メダルを獲得した思い出のプールです」と話された時には会場から大きな拍手が起こりました。小さい時からお姉さんと一緒に水泳を習ったお話や、海外遠征で学んだ素直さと笑顔が大切であることなど素敵なお話でした。岩崎さんはバルセロナの金メダルも持って来ていただき、参加者全員が手に取り感激の一瞬もありました。
その後、競技規則の理解と解釈、競技役員の任務と大変有意義な講習会でした。
今年度の競技役員・指導者講習会も、東京、大阪、名古屋と全て終了いたしました。皆様のご協力に感謝申し上げます。
ゲスト講師 岩崎恭子さん 素直と笑顔の印象が残ってます
熱心に受講する名古屋会場の皆さん
東京・大阪 会場のゲスト講師 中村真衣さんの笑顔も素晴らしかった
マスターズスイマーのための障害予防と競技力向上

マスターズニュース連載「楽しく速く泳ぐための体づくり」でおなじみの日本水泳トレーナー会議地神先生(大阪・名古屋会場)、濱中先生(東京会場)による実技を交えた講習は、ほんのちょっとの実践で高い効果を実感。ぜひ、スイマーの皆さんに続けていただきたいものです。
日本トレーナー会議 地神裕史先生
東京会場の日本水泳トレーナー会議 濱中康治先生による実技

平均年齢90才女子リレーチームの世界記録突破!!「FIAマスターズスイミング選手権2015」リレー種目4個、個人種目1個の世界記録突破!

2月21日22日に千葉県国際総合水泳場で開催された「FIAマスターズスイミング選手権大会2015」で平均年齢90才の女子チーム”すこやかST"が世界記録を突破し、会場は感動の渦に包まれました。
日本で初となる長水路女子360才区分のチームは今年初めての長水路大会で、見事な記録を見せてくれました。

同大会ではこのほかにも、混合4×100mフリーリレーでは320才区分で”BIG-Sサンウェイ横浜”チーム、混合4×100mメドレーリレーでは160才区分で”EDGE"チームと119歳以下区分で”ルネサンス東伏見”チームが世界記録を突破し、リレー種目の記録ラッシュとなりました。
女子4×50mフリーリレー 360才区分 ”すこやかST" チーム

ゴールでは大きな拍手が鳴りやまず、感動の渦に包まれました。
日本国内の長水路競技では初の女子360才区分チーム。エントリータイムから突破は予想されていたものの、最終泳者の滝沢さんがゴールした時にはわずか2秒を残すところだっただけに、会場は一層の興奮となりました。

記録 5:47.02 (従来の記録 5:49.70)

この素晴らしい成果はすべてのマスターズスイマーの新しい目標となったはずです!
本当におめでとうございます!
写真左3人目から 滝澤さん・天野さん・大塚さん・楠目さん
混合4×100m メドレーリレー 119才以下区分 ”ルネサンス東伏見”チーム

会場では360才区分の偉業にかすんでしまった感がありますが、119才以下区分での世界記録突破は、やはり特筆ものです。チームは”ルネサンス東伏見”チーム。FIAならではのオールルネサンスによる素晴らしい応援に後押しされた嬉しい初世界記録突破となりました。

記録 4:19:17 (従来の記録 4:24:28)
                                                           
混合4×100m フリーリレー 320才区分 ”BIG-Sサンウェイ横浜”チーム

こちらは世界記録の常連チームではありますが、320才区分でもそれをキープしているところは、本当にすごい!今大会の最初の世界記録突破がこの”BIG-Sサンウェイ横浜”チームでした。今年の記録ラッシュを予感させる従来の記録を大幅に塗り替えるゴールでした。

記録 6:30.24 (従来の記録 6:43.08)
                                      
その他の 世界記録突破!

混合4×100m メドレーリレー 160才区分 ”EDGE"チーム
記録 4:24.26 (従来の記録 4:27.29)

男子200m バラフライ 65才区分 平本武男君(市川AC)
記録 2:41.92 (従来の記録 2:47.60)